INFORMATION医療通訳情報

  • 医療通訳士の資格について詳しく解説

    異なる言語や文化を持つ外国人患者と医療従事者との間に入り意思疎通をサポートする医療通訳者ですが、医療通訳士になるには專門の資格があるのでしょうか?ここでは、医療通訳者を目指す人が知っておきたい医療通訳に関する資格の種類や育成環境、法制度などについて解説します。

    MORE

  • 医療機関での通訳って、一般の通訳と何が違う?

    現在通訳として活躍している方の中には、医療機関で通訳を行う医療通訳に興味を持っている方もいるでしょう。一般の通訳経験は医療機関でも活かせるのでしょうか。また、医療通訳として活躍するためには、どのような勉強をしたらよいのでしょうか。今回は、医療通訳と一般の通訳の違いという観点から、医療通訳について詳しくご紹介します。

    MORE

  • 外国人患者をサポートする医療通訳者になるには?
    業務内容などを解説

    日本政府観光局(JNTO)の推計によると、2019年1月時点の訪日外国人観光客数は前年同月比7.5%増の268万9千人を記録し、訪日外国人に向けたサービスの市場はますます活況を呈しています。そのような中、外国人の受入環境整備を進める分野のひとつとして病院やクリニックなどの医療機関を挙げることができます。医療の分野では専門的な知識・スキルを身に付けた医療通訳者の活躍があります。医療従事者と外国人患者の架け橋として需要が高まる「医療通訳」という仕事について、業務内容やなるために必要なものをご紹介します。

    MORE

  • 医療通訳者の現状とこれから

    日本語の通じない外国人を相手に医療の現場で通訳を行う「医療通訳者」。2020年の東京オリンピックに備えて、日本では外国人に対する医療体制の強化が急ピッチで進められていますが、訪日外国人の数に対して十分な数の医療通訳者を確保できていないのが現状です。今後ますますグローバル化が進む日本において、医療通訳者にはどんな役割が期待されていくのでしょうか。

    MORE